好奇心の居場所を届けるエア書店。

【アマビエブックス #23】完全復刻版 「本の雑誌」創刊号~10号BOXセット

dexter
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
dexter
穂崎萬大。こすぎナイトキャンパス企画運営担当。本の燕居堂店主。

【書名】完全復刻版 「本の雑誌」創刊号~10号BOXセット
【出版社】本の雑誌社
【発売】2015年

今日は、「本の雑誌」創刊40周年記念で復刻された、創刊号~10号までのBOXセットだ。

わずか500部発行の創刊号からのメモリアルには、大仰に言えば、熱がこもっている。素っ気ない雑誌タイトル、素っ気ない装幀。でも2号からは沢野さんの絵が表紙を飾っているが、あれ、いまとはいささかタッチが違うな。

たまたまだけど、第1号には、小松左京の『復活の日』が取り上げられていた。こういうところに目が留まってしまうのも、いまの状況ゆえか。

出版業界の売上は1996年あたりをピークに下がり続け、一度も回復したことがない。そんななかで、本好きの〈一灯〉として発行されてきたこの雑誌だが、あるときからあまりにマニア寄りすぎて、というか、これはまったくの個人的感覚でしかないのだが、それまで持っていたある種の〈ジャーナリスティック〉な部分が欠落していくのを感じて、離れていってしまった。いまでもときどき手にするが、ほぼ買わない。さいきん購入したのは、「坪内祐三追悼号」くらいである。

ぼくが変わったのか、雑誌が変わったのか。いずれにしてもそれを責めることは意味の無いことだ。コロナ禍によって、ふたたび出版に目を向ける人が多くなったとも聞く。また新しい流れができていったらと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
dexter
穂崎萬大。こすぎナイトキャンパス企画運営担当。本の燕居堂店主。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ほん 燕居堂 , 2020 All Rights Reserved.