好奇心の居場所を届けるエア書店。

【アマビエブックス #48】狐『水曜日は狐の書評』

dexter
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
dexter
穂崎萬大。こすぎナイトキャンパス企画運営担当。本の燕居堂店主。

【書名】『日刊ゲンダイ匿名コラム 水曜日は狐の書評』(ちくま文庫)
【著者】狐
【刊行年】2004年

若いころに少しだけ「書評」というものに携わったことがあるが、その当時書評の先達としてお手本としたひとりが〈狐〉さんだった。連載していた夕刊紙「日刊ゲンダイ」の水曜日、たしか「新刊読みどころ」というコラム名だったように覚えているが、そのコーナーが楽しみだった。聞けばほぼ週1回のペースで1981年2月から2003年7月に体調不良のため終了するまで約22年半、1188回の長きにわたってその連載を続けられたという。連載中はずっと匿名の〈狐〉で通した。
小説・マンガ・写真集など、取り上げる本の分野は多岐にわたり、800文字のなかで、該博な知識のうえにユーモアと鋭さとが交錯した。読ませる文章というのはこういうものを言うのだと、しみじみ感じ入ったことを思い出す。

この記事を書いている人 - WRITER -
dexter
穂崎萬大。こすぎナイトキャンパス企画運営担当。本の燕居堂店主。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ほん 燕居堂 , 2020 All Rights Reserved.